飛び級や原級留置を一般的に 経済同友会が提言

経済同友会は4月3日、都内で会見を開き、初等中等教育における教員養成や、ICT教育などでの規制緩和策を盛り込んだ提言を発表した。年齢主義から修得主義への転換を掲げ、飛び級や原級留置を一般的なものにし、子供の習得レベルに応じた教育を提供する制度改革を進めるよう求めた。

提言では、学習内容を十分に修得できていなくても、一定の年齢で進級や卒業していく日本の学校教育を批判。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。