「小さな主語で伝える」 ゼロ高入学式で堀潤氏が授業

ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏が主宰するサポート校「ゼロ高等学院」(内藤賢司学院長、生徒数89人)は4月5日、都内で入学式を開いた。堀江氏をはじめ、顧問でジャーナリストの堀潤氏、在校生らが新入生約40人を歓迎した。特別授業が行われ、堀氏は新入生らに「小さな主語で伝える」ことの重要性を語った。

堀氏は新入生に、SNS(会員制交流サイト)などを通じて情報発信する重要性と、その際に気を付けなければならないことをレクチャー。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。