体育の授業でヘルニアを発症 卒業生が奈良県を提訴

体育の授業で教員に背中を強く押され、腰椎椎間板ヘルニアを発症したなどとして、奈良県立高校を今年3月に卒業した男性(18)と母親が4月5日、約660万円の損害賠償を奈良県に求め、奈良地裁に提訴した。

訴状などによると、男性は同校3年だった2018年4月25日、体育の授業で前屈運動をしていたところ、体が硬くうまくできないことを見とがめた男性教員によって、頭が膝に付くまで複数回、強く背中を押されて腰に激痛が走り、5月に椎間板ヘルニアと病院で診断された。

痛みで長時間座り続けることができなくなり、7月に手術したが症状が改善せず、治療のためほとんど登校できなくなり、授業を受けられず、大学入試も断念したなどとしている。現在は予備校の通信教育を受講しているという。

男性は治療費や慰謝料などの支払いを求めて提訴し、奈良市内で開いた会見では、「人生が一瞬にして狂ってしまった。これから先が不安で仕方ない。僕の人生を台無しにした体育教師を許せない。元の体を返してください」と訴えた。

県教委保健体育課は教育新聞の取材に対し、「訴状が届いていないのでコメントは差し控える」としている。