福島・ふたば未来学園中が開校 中高一貫で「教育復興」

東京電力福島第1原発事故で被災した福島県双葉郡で、新たに開校された県立ふたば未来学園中学校(丹野純一校長、生徒81人)が4月8日、新校舎で開校式と入学式を開いた。2015年に開校した、ふたば未来学園高校(同校長、生徒432人)も仮校舎から移転し、合同で入学式を実施。併設型中高一貫校として第一歩を踏み出した。

同中学の1期生となる新入生は60人。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。