ギャンブル依存で指導資料 高校「保健」で指導内容に

高校の新学習指導要領で、保健体育の指導事項で精神疾患を取り上げるようになったのを受け、文科省は4月5日、精神疾患の一つであるギャンブルやゲームなどの依存症に関する、教員向けの指導参考資料を公表した。依存症のメカニズムから学校や家庭での対応、専門の相談機関や医療機関の活用までを解説している。

2018年3月に公示された高校学習指導要領の保健の指導内容では、新たに精神疾患を取り上げることとされ、指導要領解説では、アルコールや薬物などの物質への依存症に加え、ギャンブルなどの習慣化が日常生活に及ぼす悪影響について触れることが記載された。……