いじめ防止法で座長試案示す 教員への懲戒は見送り

いじめ防止対策推進法の改正に向けて議論を進めている、超党派の議員による勉強会(座長・馳浩元文科相)は4月10日、都内で会合を開き、同法改正案の座長試案を示した。いじめの重大事態の調査委員会には、利害関係のない人を2人以上入れなければならないと明記。一方で、教員に対する懲戒や、学校へのいじめ対策主任の設置を盛り込むのは見送った。

同試案には、校長のいじめ防止対策の責任を明記。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。