教育改革につながる「北里精神」 新千円札の北里柴三郎

新千円札の肖像に選ばれた「日本近代医学の父」北里柴三郎。北里が創設した研究所が母体の北里大学で特任講師を務める、北里柴三郎記念室の森孝之事務長は4月11日、教育新聞のインタビューに、「北里の研究には『学問を志す以上は、世の中のためにならねばならぬ』という、社会貢献の考えが根底にある」と語った。教育者としての北里は「まず基礎を重んじた」という。

北里は「医師の力量に地域格差があっては、伝染病を封じ込めることはできない」と、全国の医師を対象に勉強会を開催。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。