英語「話す」「書く」評価 高校では3分の1にとどまる

文科省は4月16日、「英語教育実施状況調査」を公表した。高校の英語で「話すこと」「書くこと」の両方を評価している学校は、全体の3分の1程度にとどまり、都道府県による差が大きかった。

英検3級に相当するCEFRのA1レベル以上を達成している中学生は42.6%、英検準2級に相当するCEFRのA2レベル以上の高校生は40.2%を占め、増加傾向にあった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。