Society5.0時代の教育とは? 中教審諮問詳報

柴山昌彦文科相は4月17日、第123回中央教育審議会(中教審)総会で、未来社会(Society5.0)に対応した「新しい時代の初等中等教育の在り方について」を諮問した。

諮問では、初等中等教育について、国際的にみても高水準の教育が行われているとの現状認識を示したうえで、社会の急激な変化とともに顕在化してきた課題を列挙し、Society5.0時代の教育・学校・教師のあり方について、目指すべき方向性を提起している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。