年間100万人の児童・生徒にAI教育 首相が表明

政府は4月18日、総合科学技術・イノベーション会議を首相官邸で開き、今夏の策定を目指す「人工知能(AI)戦略」について協議した。議長を務める安倍晋三首相は、人工知能(AI)やデータ処理などに強い人材の育成枠組みを、2025年までに整備すると表明。教育改革により年間100万人の児童・生徒が「AI教育」を受けられる体制を整える方針を示した。

会議では「数理・データサイエンス・AI」を、デジタル社会における「読み・書き・そろばん」に当たる素養と規定。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。