全国学力調査 英語を初実施、「話すこと」はパソコンで

小学6年と中学3年を対象とした「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)が4月18日行われ、国公私立学校の小中学生計約212万人が参加した。今年は中3に英語を初めて導入し、パソコンの活用によって「話すこと」を含めた4技能を調べた。国語と算数・数学は基礎知識と活用力を別々に出題した従来の形式を改め、新学習指導要領の趣旨を踏まえ、両者を一体化して出題する新形式を採用した。調査結果は7月に公表する。

全国学力調査の実施は、東日本大震災の影響で事実上見送られた2011年度を除き、今回で12回目となる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。