「体罰と鍛錬の境界とは」 スポーツ研究の成果を発表

「笹川スポーツ研究助成」の成果発表会が4月19日、都内で開催された。主催は笹川スポーツ財団。2018年度に助成を受けた47人のうち、公立学校教員ら優秀研究賞に選ばれた4人が発表した。

流通科学大学の内田遼介専任講師は「運動部活動場面における体罰と鍛錬の境界」と題した研究について発表した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。