教採試験の平均倍率4.9倍 採用者数は3.2%増

都道府県や政令指定都市など全国68教委が実施した、2018年度公立学校教員採用選考試験の競争率は、全国平均で4.9倍だったことが4月19日、文科省の調査で明らかになった。17年度の5.2倍から0.3ポイント減少した。

受験者総数は16万667人(前年度比3.3%減)、採用者総数は3万2985人(同3.2%増)だった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。