「教員の武器になるはずだった」 いじめ法座長案に抗議

いじめ事件の遺族・被害者家族らの有志と、教育評論家の尾木直樹氏が4月22日、文科省で記者会見を開き、いじめ防止対策推進法の改正案を議論している、超党派の国会議員の勉強会(座長・馳浩元文科相)が示した「座長試案」について、「子供の命を守るものになっていない」として強く反対した。

いじめ問題の解決に取り組むNPO法人「ジェントルハートプロジェクト」理事の小森美登里さんは「座長試案では、私たち遺族や被害者家族が賛同していた条文のほとんどが削られ、骨抜きにされた」と批判。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。