IT企業がカリキュラム開発 国内初の「P-TECH」

高校段階からのIT人材育成を目的に、IT企業がカリキュラム開発や人的支援をする「P-TECH」が、日本でも導入されようとしている。4月23日、東京都教育委員会と日本IBM、日本工学院八王子専門学校を運営する片柳学園が、IT人材の育成に向けた包括連携協定を締結。4月24日、カリキュラム開発を担う日本IBMと企業教育研究会によるプロジェクトチームが、教育新聞の取材に応じた。

「Pathway in Technology Early College High School」の頭文字から取られた「P-TECH」は、IT企業が自治体や学校と連携し、高校とコミュニティ・カレッジ(専門学校や短期大学に相当)の授業内容を統合したカリキュラムを提供する教育モデル。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。