障害者の教員採用を促進 文科省がプラン公表

障害者が活躍しやすい社会の実現に向けて、文科省は4月26日、障害者活躍推進チーム会議を開いた。障害者の教員採用促進や、生涯学習の取り組み、障害者による文化芸術活動の支援、文科省における障害者雇用の推進を新たに盛り込んだ「障害者活躍推進プラン」を公表した。

障害者活躍推進チーム会議であいさつする浮島智子文科副大臣

障害者の教員採用促進では、教師の障害者雇用に関わる実態把握、大学の教職課程における学生支援、採用選考試験の改善、障害者の教員が活躍する姿を共有できる事例の紹介――などに取り組むよう、全国の教委に促した。中教審で障害者の教師が活躍できる環境整備について議論を深める。

全国の教委における障害者雇用は2018年6月1日現在、実雇用率が1.90%となっており、法定雇用率の2.4%を下回っている。18年度の公立学校教員採用試験では、教委のある全国68自治体のうち67自治体で障害者を対象とした特別選考を実施し、全国で51人が採用された。

会議冒頭にあいさつした浮島智子文科副大臣は「子供たちが障害のある人を身近に感じて育つことはとても重要だ」と述べ、教育現場での障害者雇用を進める考えを示した。

障害者の生涯学習では、学校卒業後の学習支援が大きな課題になっていることを踏まえ、地方自治体、大学、企業が連携して就労を見据えた学びの場を増やし、障害者の社会参加や自立の実現を目指すことをうたった。

障害者による文化芸術活動の支援については、発表の機会を拡充し、作品の権利保護や文化芸術活動を通じた交流促進などの取り組みを強化する考えを示した。

文科省における障害者雇用の推進では、実務責任者の配置や理解促進に向けた職員研修の充実、プレ雇用やステップアップ制度など任用形態の多様化などを打ち出した。厚労省の「国の機関等における障害者雇用状況の集計結果」によると、18年6月1日現在、国の機関の実雇用率は1.22%で、文科省は0.79%となっている。

障害者活躍推進プランは六つの重点施策で構成されており、同省では、発達障害のある児童生徒の学びの質を向上させる特別支援教育の充実と、障害のある児童生徒のスポーツ活動に対する支援強化を先に打ち出している。