高校教諭が新種の魚発見 「今後も研究の魅力伝えたい」

関西学院高等部(兵庫県西宮市)は4月26日、国内に広く生息する川魚「カマツカ」に含まれていた新種2種を、同校の富永浩史教諭らが発見したと明らかにした。日本魚類学会英文誌『Ichthyological Research』に発表したといい、論文は4月24日、同誌電子版で早期公開された。

発見は富永教諭と、大阪経済法科大学教養部の川瀬成吾准教授との、共同研究による成果。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。