「通信制をEdTechでアップデート」 未来の教室研

経産省「『未来の教室』とEdTech研究会」は4月26日、第8回会合を開いた。広域通信制高校である角川ドワンゴ学園N高校と明蓬館高校が、デジタルツールを活用したユニークな教育活動事例を報告。委員らは、通信制高校のEdTech活用を軸に、教育のイノベーションの可能性を議論した。

N高校ではホームルームに、チャットを主体としたコミュニケーションツール「Slack」を活用。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。