教育復興最前線(中) 生徒を動かしたナナメの目線

東京電力福島第1原発事故で甚大な被害を受けた福島県双葉郡で教育復興のシンボルとなっている県立ふたば未来学園。最近成功させたプロジェクトとして、定食チェーン・大戸屋とコラボした「牛肉と里芋のみそ煮定食」の開発がある。今年1月末に期間限定で発売され、定食1150円と高めの値段設定にもかかわらず、全国で14万食を提供するヒットとなった。
■ ■ ■

開発した生徒は、2年生と3年生の総合学習「未来創造探求」で、アグリビジネスの授業を選んだ男子生徒5人。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。