教育復興最前線(下) 福島の現実に向かい合う授業

福島県立ふたば未来学園の活動を外部から見ると、海外研修や著名人の応援など、きらびやかな印象を受ける。文科省は同県で唯一のスーパー・グローバル・ハイスクール(SGH)に指定。校歌は詩人の谷川俊太郎が作詞を引き受け、制服は秋元康氏のプロデュースでAKB48の衣装デザインを担当する茅野しのぶ氏が手がけた。

だが、取材した教師たちやNPOスタッフが異口同音に語るふたば未来学園の姿は、自己肯定感の低い生徒が目立つ平均的な公立校だ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。