村木厚子氏に聞く 未来型ジェンダー教育(中)

児童生徒にとって、教師は社会人としてのロールモデル――。元厚労省・事務次官で、現在は津田塾大学の客員教授を務める村木厚子氏はそう語る。

未来を生きる子供たちが性別に関わらず生き生きと働ける社会を実現するために、現在の学校教育は何ができるのだろうか。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。