中3女子自殺、顧問の暴言が一因か 教育長が謝罪

 茨城県高萩市教委は5月6日、市内の公立中学校3年の女子生徒(15)が自殺したことを、会見で明らかにした。自殺との因果関係は不明だとした上で、女子生徒が所属していた卓球部の男性顧問による、不適切な指導が一因となった可能性があり、関連を調べるとした。市教委によれば、同部は全国大会への出場経験がある強豪で、男性顧問は卓球指導のベテランだという。

 市教委によると、女子生徒が自殺したのは4月30日。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。