中3女子自殺、顧問の暴言が一因か 教育長が謝罪

茨城県高萩市教委は5月6日、市内の公立中学校3年の女子生徒(15)が自殺したことを、会見で明らかにした。自殺との因果関係は不明だとした上で、女子生徒が所属していた卓球部の男性顧問による、不適切な指導が一因となった可能性があり、関連を調べるとした。市教委によれば、同部は全国大会への出場経験がある強豪で、男性顧問は卓球指導のベテランだという。

茨城県高萩市役所(市HPより)

市教委によると、女子生徒が自殺したのは4月30日。自宅に遺(のこ)したA4サイズの直筆のメモには、男性顧問が部員らに「殴るぞ」「殺すぞ」などの暴言を発したり、何人かの肩を小突いたりしていたという記載があった。

また、2018年9月に学校が実施した生活アンケートには、「学校は楽しいけど、部活動の時間が長くてつまらない。やっているといらいらする」などと書いていた。亡くなる19年4月末まで学校には問題なく通っていたが、部活には3月15日以降は参加していなかった。

女子生徒の両親からメモを提示されたことなどを受け、学校と市教委が調査したところ、男性顧問は大筋で認め、「いいかげんにしろ」「ばか野郎」「殴るぞ」「殺すぞ」などの暴言を部員らに対して発していたほか、肩を小突いたり、道具を床に投げつけたりもしていたとして、「行き過ぎた指導だった」と話した。

男性顧問の指導を巡っては3月20日、匿名の相談が市教委に寄せられ、学校が同日中に口頭で注意しており、女子生徒の自殺以前に男性顧問の不適切な指導を把握していたことを認めた。

学校は5月5日夕方、臨時の保護者説明会を開き、男性顧問の不適切な指導などについて説明した。6日に会見した理由について、市教委は「7日から登校する子供への影響を配慮し、誤ったうわさに振り回されないようにと考えた」としている。

会見で大内富夫教育長は「行き過ぎた指導で、限りなく体罰に近い」とした上で、「学校や市教委の責任はとても重いと受け止めている。本当に申し訳ない」と陳謝した。

市教委は今後、弁護士らでつくる第三者委員会を設置し、全校生徒へのアンケートを実施するなどして調査を進め、いじめの有無なども含め、自殺に至った経緯について調べる方針。現時点では、女子生徒がいじめを受けていたことを示すメモや証言はないという。

あなたへのお薦め

 
特集