「宇宙航空教育」でJAXAが連携 教材開発や教員育成

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙教育センター(神奈川県相模原市)と、星槎グループ(本部・神奈川県大磯町)は5月7日、宇宙航空教育活動に関する連携協定を締結した。同グループは幼・保・中・高校や大学・大学院などを運営しており、約1万5千人が学んでいる。今後は共同で、宇宙に関する教材の開発や効果検証、教員養成を実施する。

連携を発表したJAXA宇宙教育センターの佐々木薫センター長と 星槎グループの宮澤保夫会長(同グループ提供)

同グループの担当者は連携の狙いについて、教育新聞の取材に、「宇宙は命の始まりであり、命の大切さを学ぶための素材が多様に存在する。プログラムを通じて、宇宙航空教育の理念である好奇心や冒険心をはぐくみながら、多くの人やさまざまな生物と共に生きることの大切さを学んでほしいと考えた」と語る。

JAXAと同グループはこれまでにも、▽コミュニケーションを苦手とする子供が、宇宙空間で用いるジェスチャーを通じて他者との関わりを楽しむ▽学校の体育館で熱気球による飛行や、ミニロケットの打ち上げを体験する▽市販のカレーと宇宙食のカレーを食べ比べる――など、宇宙に関わる授業を展開してきた。

JAXAが教材として貸与したミニロケット(同グループ提供)

連携協定はこれまでの学びを深め、宇宙に関する興味や知識を高めるといい、新たな教材を開発するとともに、宇宙教育を実践できる教職員を育成しながら、実際の教育効果を検証していく。中学・高校では週2回、宇宙教育のプログラムを実施する。

JAXAによれば、一般社団法人と連携協定を締結するのは今回が初めて。

同センターの佐々木薫センター長は連携の理由について、「これまで授業などで同グループと連携しており、多くの教育機関を束ねていることからも、教育効果が期待できると考えた」と語っている。