初等中等教育の見直しで「特別部会」を設置 中教審

未来社会(Society5.0)に対応した学校教育や、教員養成の在り方を総合的に検討している中教審は5月8日、初等中等教育分科会を開き、先に柴山昌彦文科相から受けた諮問内容が多岐にわたることを踏まえ、議論を効率的に進めるため、新たな部会として「新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会」を設置することを了承した。中教審では、2022年末をめどに答申をとりまとめる考え。

特別部会は文科省の政令で設置される。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。