いじめ防止法座長試案に反対 元校長や被害者の高校生ら

いじめ防止対策推進法の改正を巡り、元小学校校長が設立したいじめ防止に取り組む団体「ヒューマンラブエイド」と、いじめ被害にあった高校生らが5月9日、文科省で記者会見した。超党派の国会議員による勉強会で、座長の馳浩元文科相から示された同法改正案の座長試案に対し、いじめ防止教育の観点から反対を表明した。

ヒューマンラブエイドが同日、勉強会メンバーの小西洋之参院議員に提出した意見書では、4月に提示された座長試案で、昨年末に勉強会が示した条文案イメージから、学校のいじめ防止基本計画に関する条文が大幅に削減されていると指摘。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。