7日以上の欠席で情報提供 虐待の対応で手引き作成

千葉県野田市で当時小学4年生の女児が保護者からの虐待を受けて死亡した事件を受け、文科省は5月9日、児童生徒への虐待に対する、学校の教職員や教育委員会の対応指針をまとめたマニュアルを公表した。マニュアルでは、虐待の疑いを児相などに通告した児童生徒に対しては、7日以上学校を欠席した場合、速やかに関係機関に情報提供するよう求めた。

同省が教職員や教委向けに、このようなマニュアルを制作するのは初めて。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。