大学修学支援法が成立 2020年度から授業料減免制度

低所得者世帯の学生を中心に、大学、短期大学、高等専門学校、専門学校の授業料などを無償化する「大学等における修学の支援に関する法律」(大学修学支援法)が5月10日、参院本会議で可決、成立した。消費税率の10%引き上げ分を財源に、2020年度から高等教育の授業料減免制度の新設や給付型奨学金の拡充を実施する。

新設される授業料減免制度は、住民税非課税世帯とそれに準ずる世帯の学生を対象に、授業料や入学金を減免する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。