不登校支援で民間と連携 教委の15%、文科省調査

不登校の児童生徒への支援について、フリースクールなどの民間団体・施設と連携している教育委員会などは、15%にとどまることが5月13日、文科省による「民間の団体・施設との連携等に関する実態調査」で明らかとなった。同日に開催された「不登校に関する調査研究協力者会議」と「フリースクール等に関する検討会議」の合同会議で公表された。

また、不登校の児童生徒のために特別の教育課程を編成できる不登校特例校の設置について、全国59機関で検討していることも分かった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。