大学入試に対応の英検新方式 テストセンターで実施

大学入試改革における英語の民間検定試験の活用を巡り、日本英語検定協会は5月14日、「大学入試英語成績提供システム」に対応する英検の新方式の一部で、2020年度の実施会場に高校を使用せず、全国に「テストセンター」を設置して実施すると発表した。

それによると、対象となる試験は、「英検CBT」と「英検2020 1 day S-CBT」の2種。「英検2020 2 days S-Interview」は除く。

大学入試での活用を踏まえ、より公正な試験を実施するため、英検協会が管理し、学校会場に比べて高いセキュリティーを確保できるテストセンターを、47都道府県に少なくとも1カ所以上設置する。

全てのテストセンターで「英検CBT」と「英検2020 1 day S-CBT」の両方を実施するかは未定。

今後、英検協会ではこれらの試験について、テストセンターでの常時実施を目指すとしている。