熱中症ゼロへ特別授業 埼玉・熊谷の中学校で

 昨年7月に国内最高気温となる41.1度を記録した埼玉県熊谷市の奈良中学校(新井英和校長)で5月14日、熱中症ゼロを目指して気象予報士による特別授業が行われた。また、日本気象協会が推進する「熱中症ゼロへ」プロジェクトから、熊谷市内の中学校26校に熱中症の危険度合いが一目でわかる黒球付熱中症計が贈呈された。

 特別授業では、気象予報士の久保智子さんが、奈良中学校の1年生49人を相手に、熊谷市がヒートアイランド現象やフェーン現象の影響で猛暑に見舞われやすい気象条件に置かれていることを説明。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。