高校と音大が連携授業 非認知スキルの育成目指す

クラーク記念国際高校と東京音楽大学は今年度から連携授業をスタートさせ、公開授業を5月16日、実施した。単位互換協定に基づく取り組みで、高大連携して互いに刺激し合いながら、表現力や協調性などの非認知スキルを高める狙い。

連携授業は同学の声楽専攻1年次の「ヴォイストレーニング」。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。