不登校の子供に個別学習計画 議連総会で「試案」発表

超党派フリースクール等議員連盟(会長・河村建夫前文科相)と夜間中学等義務教育拡充議員連盟(会長・馳浩元文科相)は5月16日、都内で合同総会を開いた。馳議員が不登校の子供の個別学習計画を作成し、ICTを活用した多様な学びを認めて評価や支援を行う、新たな制度の「試案」を発表した。関係団体からのヒアリングでは、フリースクールや夜間中学に通う子供への、経済的支援の充実を求める要望が上がった。

「試案」で構想された制度は、不登校などの児童生徒とその保護者が個別学習計画を作成し、市町村教育委員会が認定することで、自宅での動画による自学自習や、さまざまな他者とのインターネットを介した協働学習など多様な学びを、学校での学びと同様のものとして認める。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。