高校「情報Ⅰ」で研修教材 新指導要領の高度化に対応

新学習指導要領でプログラミングが必修となる高校情報科の共通必履修科目「情報Ⅰ」について、文科省は5月15日、高度になった内容に対応するための教員向け研修用教材をホームページで公表した。ワークシート例やプログラムのサンプルコードなども順次公表する。

「情報Ⅰ」の教員向け研修用教材

教材は「情報Ⅰ」の学習指導要領の構成に基づき、①情報社会の問題解決②コミュニケーションと情報デザイン③コンピューターとプログラミング④情報通信ネットワークとデータの活用――のそれぞれの学習内容について、単元ごとに複数の演習例や学習展開例を解説。

特に③と④は、現在の情報科の内容から大幅に拡充されている。

プログラミング言語は「Python」を採用しているが、多くの学校現場で使われている「JavaScript」や「VBA」「Swift」「ドリトル」などの言語で記述した場合の資料も順次公表する。

この他に、ワークシートやサンプルコードなども公表を予定している。

情報科は現在、「社会と情報」か「情報の科学」を選択することになっている。全国的に、プログラミングが学習内容にない「社会と情報」のみを開設している学校が多く、情報科の専任教員を配置せずに他教科の教員が兼任で受け持つケースも少なくない。

新学習指導要領でプログラミングやデータ活用などが入る「情報Ⅰ」が必履修科目となることで、教員の指導力向上が懸案となっていた。

教材は文科省ホームページから確認できる。