日本語教師の資格創設へWGを設置 日本語教育小委

在留外国人に対する日本語教育の在り方を検討している文化審議会国語分科会は5月17日、日本語教育小委員会を開いた。日本語教師の資格創設を協議する「日本語教育能力の判定」、国として日本語教育の統一的な標準の策定を目指す「日本語教育の標準」の二つのワーキンググループを設置することを決めた。

文化庁によると、日本の在留外国人は1990年末の約108万人から2017年末には約256万人に増えており、日本語学習者数も1990年末の約6万人から2017年末には約24万人に急増した。……