小中高で微生物や病原体の基礎知識を 日本学術会議が提言

初等中等教育で微生物や病原体の基礎知識を教えていないため、感染症が流行したときなどに社会活動に支障が出る恐れがあるとして、日本学術会議基礎医学委員会病原体学分科会は5月20日、小中高で微生物や病原体の基礎知識を身に付けられるよう、一貫性のあるカリキュラムの策定を求めた提言「我が国における微生物・病原体に関するリテラシー教育」を公表した。

同提言では、微生物は地球環境の保全やヒトの食生活に不可欠な要素で、新規の産業イノベーションの創出にも極めて有用である一方、微生物の中の病原体が社会不安を引き起こす感染症の流行を繰り返したことを踏まえ、微生物教育の必要性を強調した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。