中高生と当事者教員 LGBTを考えるトークイベント

中高生がLGBTなど多様な価値観を持つ人との関わり方について話し合うワークショップが5月19日、パナソニックセンター東京で開催された。学校を舞台にLGBTについて描いた映画「カランコエの花」の上映に続き、当事者の教員らと参加した中高生約30人がトークセッションを行った。

「カランコエの花」は、高校で行われたLGBTの授業をきっかけに、「クラスメートに当事者がいるのではないか」と生徒たちに波紋が広がっていく様子を描いた作品。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。