夜間中学の協議会が報告案 新たに全政令市で設置目指す

教育機会確保法の施行から間もなく3年を迎えるのに伴い、夜間中学の現状と課題を検証している文科省の「夜間中学設置推進・充実協議会」は5月24日、第4回会合を開き、報告案を取りまとめた。これまでの、各都道府県に少なくとも1校の夜間中学を設置するという目標に加え、新たに全ての政令市における夜間中学の設置促進を掲げた。

報告案では、教育機会確保法の夜間中学に関する条文に応じて、現状と課題を整理した上で、今後の取り組みの方向性をまとめた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。