日本語学校を浮島副大臣が視察 検討チームが6月に報告

改正入管法の施行により増加が見込まれる外国人への日本語教育が課題となる中、浮島智子文科副大臣は5月27日、東京都北区の柴永国際学園ジェット日本語学校(井上靖夫校長、生徒数107人)を視察した。浮島副大臣は、座長を務める同省「外国人の受入れ・共生のための教育推進検討チーム」としての報告を、6月中に取りまとめる考えを示した。

台湾をはじめとするさまざまな国や地域の学生が在籍するジェット日本語学校は、日本語学校の中では珍しい全日制で、日本語の習得レベルやニーズに応じて、複数のコースやクラスが設けられている。……