元日本代表や研究者らがシンポ 「ゆるい部活」など議論

「日本の部活の将来を考える」と題したシンポジウム(リーフラス主催、東京都杉並区教委後援)が5月27日、都内で開催された。行政職員による講演や、元サッカー日本代表を交えたパネルディスカッションが実施され、教員ら約80人が聴講した。

講演した杉並区教委学校支援課の小林淳係長は、同区教委が2013年から展開している「部活動活性化事業」について説明。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。