授業中の集中度を計測 脳科学とEdTechの実証実験

授業中の生徒と教師の脳活動をリアルタイムで計測し、生徒の集中度やICT機器の学習支援効果を可視化する実証実験が5月27日、神奈川県横須賀市の三浦学苑高校(吉田和市校長、生徒数1299人)で公開された。

この技術は、血流量の微細な変化をとらえて脳活動を計測し、最大40人分のデータをモニター画面に表示するもの。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。