「蛮行に怒りのやり場が無い」 カリタス小で校長ら会見

川崎のスクールバス襲撃事件で、カリタス小学校(内藤貞子校長、児童645人)は5月28日夕、記者会見を開き、齋藤哲郎理事長が「何ともいえない蛮行によって、落ち度の無い子供たちと、愛情深く子供を育んでこられた保護者が被害にあった。怒りのやり場が無い、痛恨の極みだ」と悔しさをにじませた。

会見に望んだのは、齋藤理事長、内藤校長、倭文覚(しとり・さとる)小学校教頭、高松広明法人本部事務局長の4人。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。