狙われたスクールバス 防げなかった凶悪犯罪に衝撃

川崎市多摩区の路上で5月28日朝、通学のためにスクールバスを待っていた小学生や保護者が包丁を持った男に切りつけられ、小学6年生の女子児童と30代男性の2人が死亡し、小学生ら17人がけがを負った。犯人の男は自分の首を刺し、搬送先の病院で死亡した。

児童たちが通学している私立カリタス小学校では、近くの登戸駅からバス乗り場まで教員や保護者が付き添い、スクールバスに教員が同乗するなど児童の安全対策を講じていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。