児相の虐待相談 AIがデータで対応支援

児童の虐待相談で人工知能(AI)が対応を支援――。産業技術総合研究所は5月28日、児童相談所に寄せられる虐待相談について、AIが過去のデータから重篤率や再発率を予測し、職員の意思決定を支援するアプリを開発したと発表した。6月下旬から来年2月末まで、三重県で実証実験する。

児童相談所では、虐待の相談件数が増加し続ける一方、個別ケースに対応する児童福祉司の数はあまり増えていない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。