未来の教員に求めるものは? 経産省・浅野室長らが議論

「私たちがグローバルティーチャーに求めること」をテーマに、経産省の浅野大介教育産業室長らが6月2日、都内でパネルディスカッションを開催し、未来の教育の在り方や教員像について語り合った。参加者からは教員の多忙化などについても質問があり、議論は多岐にわたった。

パネリストは浅野室長に加え、▽立命館大学 伊坂忠夫副総長▽デジタルハリウッド大学大学院 佐藤昌宏教授▽日本マイクロソフト文教営業統括本部 中井陽子統括本部長――の4人。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。