グローバルティーチャー3人が報告会 日本版設立も発表

教育界のノーベル賞といわれる「グローバル・ティーチャー賞2019」のトップ10に選ばれた、立命館小学校(京都府)の正頭(しょうとう)英和教諭が6月2日、都内で報告会を開催した。同じく16年にトップ10に選ばれた工学院大学附属中学校・高校の髙橋一也中学校教頭、18年にトップ50に選ばれた滋賀県立米原高校の堀尾美央教諭も登壇。参加した教育関係者約200人に向け、3月にドバイで開かれた大会の報告や実践発表を行った。

正頭教諭は大会に参加したきっかけや選考プロセス、エピソードなどを紹介。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。