高校生のスマホで協働学習を支援 神奈川県がMSと協定

ICTで探求的な学びや教師の働き方改革を支援――。神奈川県教育委員会は6月4日、県立高校のICT活用をめぐり、日本マイクロソフトと包括的な協定を締結した。県教委が推進する「県立高校生学習コンソーシアム」に同社が参加し、県立高校のクラウド環境を生かし、生徒のスマホを利用して「総合的な探求の時間」の協働学習をしたり、校務改善を支援したりする。

県教委では2018年度から、県立希望ヶ丘高校をステップモデル校に指定し、日本マイクロソフトが提供する「Microsoft365 Education」を使ったクラウドによるICT環境を整備。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。