社会情動スキルの育成が重要 技術革新でOECD局長

データやエビデンスを活用して教育の在り方を論じる国際シンポジウム「教育を科学する」(ベネッセコーポレーション主催)が6月4日、東京都文京区の東京大学で開かれ、OECD教育・スキル局のアンドレアス・シュライヒャー局長が講演した。

同氏は世界各国のデータを踏まえ、技術革新に対応していくために求められる教育のキーワードとして社会情動スキルの育成を挙げ、これからの教師の役割変化にも言及した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。