異質なアイデアを尊重する教育制度を 成長戦略実行計画

政府は6月5日の未来投資会議で、70歳までの雇用確保を企業の努力規定とする法改正や、「GAFA」と呼ばれる巨大IT企業が競争を妨げないように規制を強める法整備などを盛り込んだ成長戦略実行計画案を取りまとめた。教育関連では、付加価値の高い雇用の創出に向け、機械やAIでは代替できない人間の能力として創造性・感性・デザイン性・企画力を挙げ、そうした能力を持つ人材を育成するために、さまざまな発想や異質なアイデアを尊重する教育制度を整備していくように求めた。

安倍晋三首相は会議の席上、「成長戦略こそアベノミクスのエンジンだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。