VR取材で観察力を磨く 教員志望者に理科大で特別授業

現場取材の臨場感を教室で体感――。教員志望の学生を対象に、新聞記者の持つスキルを生かした教育プログラムを実践している東京理科大学で6月5日、VR機器を活用した特別授業があった。観光地のバーチャルリポートを体験した学生らは、見た光景をすぐに言葉に置き換える難しさに苦戦しながら、人に分かりやすく伝える上で観察すべき点や、必要な情報を選び出す方法を学んだ。

プログラムは同学教職教育センターの井藤元・准教授監修の下、毎日新聞社が開発。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。