働き方改革を考える 内田准教授ら教員志望の学生に講演

学校の働き方改革を考える教員志望の学生らによる団体Teacher Aideが主催するイベント「Let's Think~みんなで考えるカラフルな教育~」が6月8日、東京都小金井市の東京学芸大学で開かれ、内田良名古屋大学准教授をはじめ、学校の働き方を考える研究者らが講演した。部活動、給特法など、登壇者はそれぞれの専門から、学校の働き方改革を考える視点を提供した。

日本部活動学会会長の長沼豊学習院大学教授は講演で、生徒が全員、何かしらの部活動に加入しなければならなかったり、教員が何かしらの部活動顧問を引き受けなければならなかったりする現状を改め、将来的に部活動を教育課程に位置付けた「クラブ活動」と、学校外の活動に分離すべきだと提案。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。